« 国家資格試験のシーズン | トップページ | なぜ資格を取る?  »

平成27年度司法書士試験筆記試験の合格点

平成27年度司法書士試験筆記試験の合格点

・筆記試験合格点満点280点中218.0点以上
午前の部の試験の多肢択一式問題,午後の部の試験の多肢択一式問題又は記述式問題の各成績のいずれかがそれぞれの基準点に達しない場合には、それだけで不合格となるのでたいへんですね。

・ 多肢択一式問題及び記述式問題の基準点
午前の部(多肢択一式問題)の基準点満点105点中90点
午後の部(多肢択一式問題)の基準点満点105点中72点
記述式問題の基準点満点70点中36.5点


・筆記試験の成績通知は、受験案内書および司法書士試験会場において御案内のとおり、希望者に対して成績通知を実施することとしているとのこと。
成績通知は、筆記試験合格発表日(平成27年9月30日(水))から随時、筆記試験の際に記入した封筒に成績通知を封入し、
郵送にて発送とのこと。

受験された方は、ほんとうにお疲れさま。

合格された方は、口述試験が、10月13日。今回希望が達成できなかった方は、次回に備えてスタートですね。
つらいと思いますが、思い新たに頑張ってください。

げっそり痩せて2度目で合格した友達のことを思い出します。
仕事をしながらの受験勉強。ほんとうに大変だったろうと思います。
その友達は、夜中に救急車で運ばれたことがあったと思います。それほどに辛いハードルを2度目でクリア出来たことは立派です。

しかも、法学部出身でもなかったのですから。

現在、それぞれの国家試験がつづき、大変な試練を受けているみなさん。

体調に留意して、頑張ってくださいね。
高齢者の私には、そんなことくらいしか言えません。

各種資格試験案内ページ

« 国家資格試験のシーズン | トップページ | なぜ資格を取る?  »

資格取得」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70057/61877293

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年度司法書士試験筆記試験の合格点:

« 国家資格試験のシーズン | トップページ | なぜ資格を取る?  »