« なぜ資格を取る?  | トップページ | 司法書士、行政書士のこと »

遺言状の開封 行政書士

兄弟が突然亡くなり、

遺言状の開封、

「検認」のことをチェックしていました。

自筆で封印されたものです。

家庭裁判所に申し立てをし、開封の運びにになります。


遺言状

公正証書遺言(公証人作成)⇒検認は不要ですぐに遺言の内容を執行できる。

自筆証書遺言(本人作成)⇒家裁で検認の申し立てをし、相続人や代理人の立会いのもとで開封。


遺言書の作成:行政書士、司法書士、弁護士

検認の申し立てには、必要書類や印鑑、収入印紙、切手代などが必要となりますね。

行政書士の資格を取った方も、この件を扱うことになるでしょうね。・・

今年も、もう年の瀬ですね。

高齢になると、ほんとうに1年がハヤイですね。

速い、です。

« なぜ資格を取る?  | トップページ | 司法書士、行政書士のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70057/63035462

この記事へのトラックバック一覧です: 遺言状の開封 行政書士:

« なぜ資格を取る?  | トップページ | 司法書士、行政書士のこと »