資格取得

高卒で、行政書士の資格を取り、社労士に!

高卒社労士の方は、
それなりの努力をされていますね。

社労士の多くは大卒、しかも、一流大学卒が多いようです。


高卒では、社労士試験の受験資格がない。

受験資格を得るために、
「行政書士試験の合格」というハードルを超えるという選択肢もあります。

しかし、そのために、
他の社労士よりもちょっとだけ、
民法や行政法に詳しかったりする、という体験者の声も聞かれます。


高校卒業後の数年間、フリーターをして、
建築現場作業員、工員、コック、ウェイター、バーテンダー・・。

過去の就職先は、すべて中小企業だったという体験者。

初めて正社員となったのは、24歳の時。
従業員10人ほどの建築関係の会社。

現場作業に従事。
それこそ、朝から晩まで、
そして休日もない中で働きました、と。
残業代も有給休暇もなかった、と・・・

その後、一人親方として独立。

しかし、今までの経験があるからこそ、
中小零細企業の実情が見えている、と。

今までの経験があるからこそ、
中小零細企業に協力できることがある、と。

◆平成29年度行政書士試験
受験資格:年齢、学歴、国籍等に関係なくどなたでも受験できます。
試験日時:平成29年11月12日(日)午後1時~午後4時
試験場所:試験地・試験場一覧:
https://gyosei-shiken.or.jp/doc/guide/testrooms.html
受験手数料:7,000円
受験願書・試験案内の配布:平成29年8月7日(月)~平成29年9月8日(金)


資格全般案内

| コメント (0) | トラックバック (0)

◆衛生管理者試験の受験

【衛生管理者試験の受験資格確認・受験申込みから免許取得までの手続き】

●【受験資格】

衛生管理者を受験するために必要な受験資格と添付書類は次のとおり。

1 学校教育法による大学(短期大学を含む)又は高等専門学校【注1】を卒業した者で、
その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写
・事業者証明書
2 学校教育法による高等学校又は中等教育学校【注2】を卒業した者で、
その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの

※添付書類:
・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写
・事業者証明書

●労働衛生の実務経験とは?

・添付書類として提出が必要である事業者証明書には、
従事業務の内容として次の13業務があげられていて、
該当する業務の番号を○で囲むことになっている。


・従事業務の内容
1 健康診断実施に必要な事項又は結果の処理の業務
2 作業環境の測定等作業環境の衛生上の調査の業務
3 作業条件、施設等の衛生上の改善の業務
4 労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備の業務
5 衛生教育の企画、実施等に関する業務
6 労働衛生の統計の作成に関する業務
7 看護師又は准看護師の業務
8 労働衛生関係の作業主任者としての業務
9 労働衛生関係の試験研究機関における労働衛生関係の試験研究の業務
10 自衛隊の衛生担当者、衛生隊員の業務
11 保健所職員のうち、試験研究に従事する者の業務
12 建築物環境衛生管理技術者の業務
13 その他(※具体的に記入を要す)

●第1種・第2種別の試験科目(出題数、出題時間、の順)

第1種:
関係法令 (有害業務) 10 3時間(Total時間)
(有害業務に係るものを除く) 7
労働衛生 (有害業務) 10
(有害業務に係るものを除く) 7
労働生理 10

第2種:
関係法令 (有害業務に係るものを除く) 10 3時間 (Total時間)
労働衛生 (有害業務に係るものを除く) 10
労働生理 10

※出題形式は、5肢択一方式。

第1種試験と第2種試験の相違点?

第1種衛生管理者免許を有する者は、あらゆる業種で衛生管理者に選任できますが、
第2種免許のみを有する者は次の業種(限定13業種)では衛生管理者として選任する
ことができません。

◎限定13業種は、次のとおり。(詳細は安全衛生規則第7条3号参照)
   1.農林畜水産業
   2.鉱業
   3.建設業
   4.製造業(物の加工業を含む)
   5.電気業
   6.ガス業
   7.水道業
   8.熱供給業
   9.運送業
   10.自動車整備業
   11.機械修理業
   12.医療業
   13.清掃業
●ほか、試験日程やご不明の点は、以下リンク先にてご確認のこと。
http://www.exam.or.jp/exmn/H_tesuryo.htm

・具体的試験:

特級ボイラー技士
一級ボイラー技士
二級ボイラー技士
特別ボイラー溶接士
普通ボイラー溶接士
ボイラー整備士
クレーン・デリック運転士
移動式クレーン運転士
揚貨装置運転士
発破技士
ガス溶接作業主任者
林業架線作業主任者
第一種衛生管理者
第二種衛生管理者
高圧室内作業主任者
エックス線作業主任者
ガンマ線透過写真撮影作業主任者
潜水士

第一種作業環境測定士
第二種作業環境測定士

労働安全コンサルタント
労働衛生コンサルタント

衛生管理者試験の準備と資格全般

※リンク先上部中央

| コメント (0) | トラックバック (0)

どんな資格が自分に合っているのか?

取りたい資格を探していますか?

資格を取っても、
収入につながらないものも多いですが、

アイデアで、収入につながることもあるでしょう。

例えば、
行政書士とか社労士とかとっても、
開業となると営業力がないと生活できる収入にはつながらないかもしれません。


弁護士とかだと収入につながりやすいかもしれませんが、
ハードルが高いので、
挫折してしまう場合もありますね。

私の知人で、10年以上かかって合格して弁護士になった人がいましたが、
その間ずっと勤めていましたね。
やはり、意思が強くないと働きながらだと挫折する率も高くなりますね。


一方、
どの分野が自分にマッチしているのか。
好きな分野の方が近道かもしれません。


取りたい資格やヒントが見つかるかもしれません。以下:

資格全般とカルチャア

| コメント (0) | トラックバック (0)

2級心理カウンセラー養成講座

2級心理カウンセラー養成講座

1級心理カウンセラー養成講座も

取りたい資格は、

人によりさまざまだと思います。

※以下のリンク先の上部中央にバナーがあります。
赤っぽくて横長の大きくはないバナーですが、

「土日で心理カウンセラー資格取得」と書かれています。

リンク先に、関連資格が掲載されています。

興味がある方は、
立ち寄ってみて下さい!

取りたい資格やヒントが見つかるかもしれません。以下:

資格全般とカルチャア

| コメント (0) | トラックバック (0)

平成29年度の行政書士試験

平成28年11月13日に実施した平成28年度行政書士試験

●年齢層:
受験者:最年長 92歳  最年少 10歳
合格者:最年長 81歳  最年少 14歳


行政書士試験は、年齢、学歴、国籍等に関係なくどなたでも受験できます。


平成29年度の行政書士試験日程:

※試験場他詳細は7月3日の公示でご確認ください。

・試験の公示:平成29年7月3日(月)

・受験資格:年齢、学歴、国籍等に関係なくどなたでも受験できます。

・受験願書・試験案内の配布:平成29年8月7日(月)~9月8日(金)


・受験申込受付期間:
 
郵送申込み:平成29年8月7日(月)~9月8日(金)消印有効

インターネット申込み:平成29年8月7日(月)~9月5日(火)午後5時

試験日時:平成29年11月12日(日)午後1時~午後4時

合格発表:平成30年1月31日(水)


※行政書士の資格をとり、それを踏み台に、
社会保険労務士の資格が取れれば、
鬼に金棒ですね!

条件(受験資格)が整っていれば、もちろん、社労士を受験しても良いわけです。


※以下のリンクにも
立ち寄ってみて下さい!

取りたい資格やヒントが見つかるかもしれません。

資格全般とカルチャア

| コメント (0) | トラックバック (0)

衛生管理者試験に1回で合格する!

【さまざまな資格案内のページ更新しました】

☆転職・就職・仕事情報

◎習いごとページもあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇


☆衛生管理者試験に1回で合格するツボ式学習法

以下のリンクに
立ち寄ってみて下さい!

ご希望の資格やヒントが見つかるかもしれません。

資格全般とカルチャア

| コメント (0) | トラックバック (0)

資格取得に大いにやくだつ速読!

Kawa

難関資格に合格!

専門知識で起業!

役立つ速読術【オンライン講座初月無料+無料DVD2枚】

▼先着300名に『3つのスペシャルプレゼント』がもらえる!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】1ヶ月分の速読トレーニング料(4,980円)が無料
【2】速読セミナーDVD 1枚(10,800円)が無料プレゼント
【3】記憶術セミナーDVD 1枚(10,800円)が無料プレゼント

◆資格取得に速読は大変役立ちます!

※社会保険労務士試験に5回失敗したが、
速読を始めて6回目に合格!(O 様 【会社員】)

・体験者の声を、以下リンク先でご確認ください。

●先着300名限定なので、今すぐチェックしてみてください。
オンライン講座初月無料+無料DVD2枚】川村式速読術


※1/30までの限定キャンペーンなので、今すぐご確認ください。


| コメント (0) | トラックバック (0)

☆取りたい資格は何ですか?

個人的には

社会保険労務士がおすすめで、

受援資格でつまづいたら、

行政書士は学歴や経験がなくても受験できるので、
先ず行政書士を取得し、

そうすれば、社会保険労務士の資格が備わるので、
社労士受験に備えて欲しいと思います。

と書きましたが、

自分が取得したい資格が見つかったら、
それを目指して邁進して欲しいですね!

そのように行動して行くことで、
道が開けていくと思います。

さまざまな資格案内は、
以下のリンクにもあるので、
立ち寄ってみて下さい!

資格全般とカルチャア


| コメント (0) | トラックバック (0)

行政書士と社労士

弁護士や司法書士になれる能力があれば、

それをおすすめしたいですが、

直ぐにはなれないし、暗記事項や判断や見極めの力が必要で、
弁護士も司法書士も楽にはクリアできないと思います。

医師ももちろん大変です。総合力が必要ですね。
外科系だと手先が器用でないと、
オペで失敗してもらったら困ります。

それで、
ある程度の能力と根気のある方なら、
社会保険労務士をおすすめしたいですが、
資格条件で、
直ぐにクリアできない方は、

先ず、
行政書士に挑戦してください。

取得すれば、
大学を出ていなくても、
社労士の受験資格が得られます。

詳細は、ネット検索していただけば、
受験資格、受験内容、過去問、受験日、応募要項、経験者の声、
などなど、

なんでも見られると思います。

私のように、頭が使えなくなる年齢になる前に、
チャレンジしてください!

改行するには、
営業力が、もちろん必要になりますよ。
待ちの営業では成り立ちません。では・・

資格全般とカルチャア

| コメント (0) | トラックバック (0)

社会保険労務士って、おすすめですね!

個人的におすすめの資格は、

社会保険労務士です。

法律暗記一辺倒でなく、
人助けの要素もあり、やりがいのある資格だと思いますね。

ただ、
受験資格で誰でも即受けられるのではないので、
学歴がネックになっている場合、
先に
行政書士の資格を取得することをおすすめします。

それで、
社労士の受験資格が出来ます。

そんなの大変だ、
というかもしれませんが、
もし、
それを一生の仕事にするのなら、
遠回りのように思えるかもしれませんが、

それが、
大きな武器になると思いますね。

そんなの無理だというのなら、
ほかの道を探したらいいと思います。

さまざまな仕事があるのですから。

試験内容や受験日とかは、
ネット上で検索すれば、
今日、ほとんどのことが分かると思います。

出来れば、柔軟性のある若いときに資格取得に挑戦する方が良いと思います。

齢と共に、
記憶力や応用力が思うようにならなくなりますから。

資格全般とカルチャア

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧